土地を選ぶ時はじっくり検討

土地を購入する際は事前の情報収集が大切です

土地を購入する際は事前の情報収集が大切です 家づくりは、土地探しに始まり終わると言われるほど土地選びは大きなポイントになります。
周囲の環境、学校までの距離、駅からの距離、バスに乗る必要があるか、緑地がある地域か、ゴミの焼却場はないかなど情報収集するべきポイントはたくさんあります。
特に建築確認に必要な道路要件を満たしているかは。
土地購入する際に重大な要素です。
開発道路といっても、業者が作って行政機関に提供して公道になるのか、私道のままで持ち分を設定するのかでも土地の価値は大きく変わってきます。
場合によっては、建築確認が下りない物件もあります。
選定には細心の注意が必要になります。
情報収集すべき事項は、時間を変えて実際の現場に足を運んで現状を確認するのが一番です。
必要な要件は、自分で役場に確認にいけば状況はよくわかるはずです。
現地の人に聞いてみるのも重要な情報になります。
とにかく選定にあたっては、人まかせにせず自分で歩いて確認するのが一番です。
高い買い物をするのですから時間を惜しまず情報収集をしっかりやることが大切です。

土地売却時にかかる登記費用

土地売却時にかかる登記費用 土地売却時には、法務局に登記申請をする際に一定の費用を支払わなければなりませんが、その登記費用は売主が負担する分と、買主が負担する分に分けられます。
売主が負担しなければならない登記費用は、抵当権抹消登記に関するもので、申請時に1物件につき1,000円の登録免許税を納付します。
もし、郵送で書類を送る場合は切手代がかかり、司法書士に手続きを依頼する場合は1物件につき5,000円程度の報酬を支払う義務が発生します。
ただし、ローンを支払い終えており、抵当権の抹消を完済直後に済ませたのであれば、売却時にあらためて用意する必要はありません。
一方、買主負担になる登記費用は、所有権移転登記と抵当権設定登記に関するものです。
登録免許税は、土地の所有権移転登記に関しては、2019年3月までは固定資産税評価額の1.5%が税額となり、抵当権設定登記は融資額の0.4%が本則の登録免許税額で、特例を適用できれば税率を0.1%にすることができます。
司法書士費用は、課税標準額に応じて変動し、評価額や融資額が高くなるほど高額の費用を支払うことになります。

新着情報

◎2017/11/28

土地売却時にかかる登記費用
の情報を更新しました。

◎2017/8/22

土地の所有者を調べる方法
の情報を更新しました。

◎2017/5/18

土地の相続税について
の情報を更新しました。

◎2017/2/8

土地建物の固定資産税
の情報を更新しました。

「土地 登記」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@jimejimekato他49人 >山林買ってくれ 親が死んで子供たちが遺品を整理していたら、訳のわからない二束三文の北海道の土地登記簿と怪しげなパンフレット(北海道新幹線新駅開業で値上がり必至などとある)が・・・ そして、相続で頭を抱える子供たちという構図まで(この場合国籍は違うけど)頭に浮かんでしまった。 pic.twitter.com/dY7AhkIMaN

Twitter久留島龍夫(偽)@2a508_f

返信1 リツイート6 0:33

長期相続登記未了土地解消作業で、戸籍の附票に関しては、請求書に謄本・抄本のチェック欄がないので、当然謄本を送ってくるだろうと思い請求したら横須賀市だけが、請求にかかる人物の抄本を送ってきた。本当に気が利かないな、横須賀市。

土地は義母のものなのですんなり手続き出来て 相方が相続 建物は未登記だったので 当時の領収書とか契約書的なものが証拠になる可能性有り なので 義父に手紙を送るってなった 建物が未登記なので手続きをしてほしいって内容

RT @hGXV5mzmFSUF57Y: これら「朝鮮進駐軍」 元締め組織が 「朝鮮総連」、ヤクザなどになっていった。 国有地も、都心駅前一等地周辺も、軒並み不法占拠した。 そしてそのまま、パチ ンコ屋、飲み屋、風俗店等々が出現し、 そのまま彼らの土地として登記され現…

RT @tsubasa_yozawa: ドバイに買ったGRANDEというマンションの最上階(ペントハウス)の登記完了通知が土地局からメールで届きました。まだ建築中初期ですが。 購入額は808万9888AED(約2.37億円程) DUBAI DOWNTOWNで最高級のマンション…

平成25年度試験:問題32 『Aは、B所有の甲土地上に乙建物を建てて保存登記をし、乙建物をCが使用している。 この場合に関する次のアからオの記述のうち、民法の規定および判 …』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q25_32.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 昨日 20:30

【No.26】Aは所有する土地をBに売却した後、Bが登記をしない間に当該土地にCのために地上権を設定しCが先に登記した。地上権者は民法第177条の第三者に該当せずBはCに対して当該土地について地上権の負担のない所有権の対抗可○か×か(答)bit.ly/1OSfIYl

Twitter公務員試験民法復習用ドリル@fukusyuuminpou

返信 リツイート 昨日 20:11

相続人じゃない人と相続人の間で遺産分割協議してたり、謎のペライチに登記済の印が押されてたり、しかも謎協議書上建物も記載してるのに土地しか相続登記出来てなかったり。むしタイプポケモンの気配しかしねえぞ!

現行民法では相続人XY二名のところ、相続分の指定として甲土地をYに相続させる遺言があった場合、はじめからY単有のものとして扱われXが自己名義で登記して第三者に譲渡しても全部が無効になるところ、新法では法定相続分(二分の一)を超える部分については登記の先後による。

Twitter無のフレンズ(三重県)@hideyuki_ytr

返信 リツイート 昨日 19:15

民訴法R28予備Q1(1)参照:X→Y1,Y1→Y2と経由された甲土地の各所有権移転登記につき,Xは甲土地所有権に基づき,Y1らを被告とし,各登記の抹消登記手続請求訴訟提起。X:Y1に1000万円の貸金返還債務ある旨,自白。XがY2から1000万円を借り受け,甲土地を譲渡担保に供したと事実認定しての判決は,弁論主義違反?

Twitter民訴法,倒産法などボット (登録数260+)@right_droit2

返信 リツイート 昨日 18:56